サトーの社会貢献

サトーの各店舗には、盲導犬及び補助犬の募金箱が置いてあります。

お客様の善意や、ちょっとしたメンテナンスを行った際に、御礼で募金してくださったりで、今年は合計¥16,000の募金が集まりました。

当社では毎年、同じ金額を上乗せして寄附送金します。

今年の内訳は2万2千円を、ウインクチェーンを通じて日本盲導犬協会へ。1万円を日本補助犬協会のクラウドファウンディングに。合計3万2千円を寄付させて頂きました。

皆様のご協力、本当にありがとうございます。来年もしっかり社会貢献できるように頑張ります!

日本盲導犬協会

日本補助犬協会

眼鏡作製技能士

今年度、眼鏡界では大きな変化が訪れます。

それは眼鏡作成の国家資格化です。現在の業界資格である「認定眼鏡士」が廃止され、新たに国家資格「眼鏡作製技能士」が施行されます。

4月に学科試験が行われるという事で、当社でも高山、吉村の2名の社員さんがチャレンジします。

先日はボランタリー本部による「マーケティングWEBセミナー」が開催され、両名が受講しました。

それぞれのPCで受講する高山(左)吉村(右)

眼鏡作製技能士を取得するためには、視機能・光学・商品・販売・加工・フィッティングだけでなく、企業倫理やコンプライアンス等の知識も必要になります。

この日は本部の中小企業診断士によるマーケティングセミナーでした。

当社には一人、「SS級認定眼鏡士」が在籍しておりますので、SS級認定眼鏡士を持っている人間は、特定講習及びその確認テストに合格する事で、試験なしで「眼鏡作製技能士」に移行することが出来ます。

当社は地方の小さな眼鏡店ですが、二人には是非頑張って合格してもらい、施行される来年4月には3名の国家資格取得者が在籍するお店になっていると良いなと思います。

サトーはこれからも社員一人一人が成長し、真に地域に必要とされるお店であり続けます!

目の健康祈願

弊社では毎年、年始の氏神様(最寄りの神社)だけでなく、崇敬神社である生目神社をお参りします。

生目神社は古くから「日向の眼の神様」として眼病にご利益があるとされ、眼の病気が治るようご利益を求めて全国から訪れる参拝者は境内から湧き出るご神水で眼を清めたり、また持ち帰った水を沸かしてお茶を飲んだりします。

大貫店と、高千穂店の2店分、お札を頂きました。

今年も皆様の目の健康をご祈念申し上げます!

新春セール開催中!!

SATOメガネ補聴器センター及びメガネのサトー高千穂店はでは、1月3日(月)より新春セールを行ないます!

是非今年手にしたお年玉付き年賀はがきの番号をお確かめ下さい!

下記のラッキーNo.を手にされていた方は、当店からお得なお値引きをプレゼント致します!

下4桁が2022・・・・・・・・・・・20,000引

下3桁が310(サトー)・・・・・・・10,000引

下2桁が33、11、00のどれか・・・・5,000引

下1桁が7(大貫店は移転7周年!)・・・3,000引

となっております。

また、先着100名様限定ですが、ご来店記念品として「めがねお手入れセット」(クリーナー+メガネ拭き+ドライバーのセット)をプレゼント中です!

ご来店お待ちしております!

50代から意識を!「認知症につながる最新6項目」を6人の専門医が解説(ニュースより)

【抜粋】

4.聴力と視力と認知症の関係

難聴の人は、ない人に比べて認知症発症のリスクが1.94倍も高いことがわかっています。 「音を聞き分けているのは耳ではなく脳。難聴になると脳に伝わる電気信号があまり入らない状態になります。刺激が少なくなることで脳が働く機会が少なくなり、認知機能の低下へとつながって、認知症の強力な危険因子となることがわかっています」と新田清一先生(済生会宇都宮病院耳鼻咽喉科)。

同様に、視力も重要です。「人は情報の多くを見ることから得ています。近くも遠くもぼんやりしか見えないような視界で過ごすことは、認知機能の低下に直結します。相手の表情が見えないと自分も無表情になり、人との交流も疎かになっていきます」というのは梶田雅義先生(梶田眼科)。 補聴器も遠近両用眼鏡も、認知機能が低下してからでは使いこなすことはできません。50歳を過ぎたら定期的に検査をし、適切な矯正をすることで、将来の認知症リスクは大きく変わります。

元記事へのリンクは こちら