おもいやり駐車場に変更しました

大貫店店舗入口に一番近い駐車場を、身障者用のマークから、「おもいやり駐車場」マークに変更しました。

時に高齢者や妊婦さんが、優先駐車場を遠慮されている状況があり、何か良い方法はないかと模索していたところ、このマークの存在を知り、業者さんにお願いしました。

こちらが以前の駐車場

こんな感じになりました!

これで障がいのあるお客様だけでなく、高齢者やお怪我のある方、妊婦さんにも、気兼ねなく駐車して頂ければと思います。

宮崎県延岡市大貫町

有限会社メガネのサトー SATOメガネ補聴器センター

心配してた私でしたが…

心配していた私でしたが、佐藤(留美)様より分かりやすく丁寧に装用指導を受け、安心して補聴器をつける事に決まりました。

まだまだですが少しずつ努力してみます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

補聴器を使い始めて3ヶ月になりましょうか。いつもありがとうございます。

おかげ様でようやく身体の一部として思うようになりました。聞こえることはうれしい。又、友達の輪の中に入り、おしゃべり出来そうです、毎日が楽しみです。

九州保健福祉大学にて、補聴器に関する講義をさせて頂きました

地元にあります九州保健福祉大学様よりお話を頂きまして、

言語聴覚療法学科の学生さん向けに、補聴器に関する講義を行ってまいりました。

今回は主に、補聴器の種類や性能・特徴についてお話させて頂きました。

教科書や言語聴覚士の国家試験の問題範囲に沿いながら、

認定補聴器技能者として、認定店として、

現場での数多くの体験を混ぜ、時には実習してもらいながら、

学生さんが試験や就職したときに、役立つと良いなという思いで、

一生懸命話してきました。

来週は実際にパソコンでフィッティングをする様子を見て、

もっと触って体験する内容の時間を設ける予定です。

サトーでは大学だけでなく、販売店協会として宮大医学部のイベントをサポートしたり、

施設や延岡市の補聴器相談等でも、補聴器に関する教育や啓蒙活動を行ったりしております。

聴こえや補聴器のご相談は、延岡市唯一の「認定補聴器専門店」である

サトーにお任せくださいませ!

サトー新聞 第66号

サトー新聞4月号出来上がりました。

お店にご来店の方にはもれなくお渡ししています。

毎回楽しみにしているよ!

というお客様のお声が励みになってます。

100号目指して頑張ります!!

店休日のお知らせ

3月10日(日)は、大貫店の月に一度の店休日となります。

それ以外の日は、通常通り朝10時~夜7時まで営業いたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

ニコンレンズVR(バーチャルリアリティ)体験会

日本に3台しかないニコンVRマシーンが、

いよいよ延岡に上陸です!

VR体験会。と何やら聞いたことのない話ですが、簡単に申し上げますと、
遠用・近用・遠近両用・中近両用・近近両用と言ったレンズはどのように見えるのか?

最近メガネ業界でブームになっているインディビジュアル(個別)設計のレンズとは何なのか。

それをバーチャルの世界で簡単に体験して頂きます。
百聞は一見にしかず。
専門員が在中しておりますのでどなたでも体験可能です。

イベント期間は12月15日(日)~30日(日)の2週間。

お時間はAM10:00~PM5:00までとさせて頂きます。
事前にご予約も承りますのでお気軽にお尋ね下さいませ。

また、当日はNIKONさん自慢のフェイスプロフィール(メガネの反り・前傾角・目とレンズの距離)が測定できる機械
「アイルーラー(EyeRuler)」が持ち込まれます。

通常当店での測定よりも、より早く・簡単に、かつ精密に測定する事が可能です。
この機会に是非、より最適なフェイスプロフィールの測定で、最高の見えごこちのインディビジュアルレンズを
お仕立てくださいませ。

※機械類はメーカーさんの仕事初め(1/7)までに返却すれば良いので、年内にご来店出来ないお客様はご相談くださいませ。

新ブランドの導入です!その名も「less than human」(レスザンヒューマン)

久々に新ブランドの導入です

その名も「less than human」(レスザンヒューマン)

「人間以下」という挑発的なブランド名を掲げるこのメーカーは、

メガネという枠にとらわれない自由で奇抜な発想で

常識を打ち破るメガネを発表し続けています。

今後も少しづつ入荷してきますが、

取り急ぎ第一弾で到着したものから一部…

狷介孤高

意味:自分の意志をかたくなに守って、他と協調しないさま。

スチームパンクモデル”ENIGMA”の後継モデル

ENIGMAはフルリムでしたが、狷介孤高はアンダーリムです。

less than humanらしい個性の塊なモデルです。

無二無三

意味:ただ一つしかなく、それに代わるものがないこと。転じて、一つの物事に心を傾けてそれに打ち込むさま

大きめなサイズ感のブローフレーム。

顔幅が気になる方や、大きいサイズの眼鏡を探している方におススメです。

サイズが大きいレンズはサングラスにも最適で、

紫外線に反応して色が変わる調光レンズはおススメの組み合わせです。

映画『ウエストワールド』に出てくる巨大レジャーランド「デロス」の名前を取った「DELOS」。

 

フルリムのブローフレームに見えますが、実はトップのアセテートパーツは飾りで、

アンダーリム(枠のアンダーラインだけでレンズを固定) になっています。

こういう普通じゃないところもレスザンらしさです。

©「眼鏡橋華子の見立て」松本救助(モーニングコミック)

人とは違う。トレンドなんか追うものか!癖の強い『人間以下』というブランド。いかがでしょうか?

SATO新聞11月号発行!!

こんにちは!!

 

台風一過して素晴らしい秋晴れで10月スタートです(*^-^*)

 

 

毎月恒例・SATO新聞の11月号が発行されました。

無作為に抽出させていただいたお客様にお送りして、

店頭でもお客様にお配りしています。

 

 

今月号もセールのご案内や、眼鏡に関する小話や補聴器・難聴のことに関してのお話等々盛り沢山となっています。

 

 

毎月のスタッフコラムは、スタッフ同士も楽しみにしていたりします(*^-^*)

へ~・・・〇〇さんはこんな休日を過ごしたんだ・・・とか。

〇〇さんの紹介している本、面白そうだなあ・・・とか。

 

 

お客様からも大好評!!(多分)

SATO新聞をどうぞご覧ください(*^▽^*)

 

9月25日(火)26(水)は補聴器相談会開催します!!

こんにちは!(*^-^*)

9月も終わりに近づいてきました。

今月も沢山のお客様にご来店いただいて感謝感謝です。

さて。9月25日(火)、26日(水)にSATOでは補聴器相談会を開催いたします!!

相談会の目玉で、メーカー協賛をいただいてベルトーン社製の

補聴器「Ally2(アライ2)」シリーズが、両耳特別特価で提供されます!!

こちらの補聴器は

〇片耳通常価格120,000円

〇両耳特価159,800円

と、大変お求めやすくなっています!!

補聴器は両耳装用が基本です。

補聴器選びはお店選びから。

延岡市で補聴器のことなら、認定補聴器技能者在中の認定補聴器専門店、SATOにお任せください(*^-^*)

秋の特別商品展示中!!

 

大貫店では9/10(月)より一週間、

新作フレームの展示会を行っております。

 

 

 

各メーカーIOFTに向けて新作の発表になるこの時期、

取引業者さんのご協力のもと、新作フレームをお借りして、

期間限定で大量展示することが出来ました!

 

 

さらに広告・および本ブログには、

期間中使えるお得なクーポン券を用意させて頂きました!

 

期限9月31日(水)迄

*特別商品展示期間は9月17日(月)迄です。その後は通常在庫商品に適用できます。

 

 

 

新作のフレームばかりを、いつもより大量に展示してあるこの機会を、

是非お見逃しなく!!

 

 

 

SATO新聞10月号発行!!

こんにちは!

毎月恒例、SATO新聞の10月号が発行されました(*^-^*)

SATOの9月の眼鏡フェアは、ずばり!

 

 

「秋の新作フレームフェア」

 

 

期間は9月10日(月)~9月17日(月)まで。

メーカー協賛によりおよそ200本の各ブランドフレームを取り寄せて

見ごたえのある展示会を行います!!

期間内は展示会特別価格にてご奉仕させていただきます。

 

 

SATO新聞ではフェアのご案内から、地域の話題、毎月大好評(?)のスタッフコラムまで盛りだくさんの内容となっています。

 

どうぞご覧くださいませ~。

 

難聴は認知症の要因のひとつ?

 

 

まだまだ残暑が厳しいですね!

 

SATOの補聴器のメインユーザーはご高齢者が多いので

今年の夏の暑さに御身体が心配になります。

 

 

そんな8月の朝日新聞に、気になる記事が掲載されていました。

 

「老いとともに」。認知症にかかる可能性を高める要因の一つに、難聴が取り上げられています。

 

昨年、英国の医学誌が発表した「難聴は認知症の大きな要因の一つ」

という報告は、私たち補聴器販売に携わる人間にとってまだ新しいものです。

 

また、2015年に厚生労働省は高齢化が急速に進む日本の問題に、認知症の対策強化に向けての国家戦略である「新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)」を策定しました。

その中でも、「難聴」が認知症の一因として挙げられています。

どうして難聴と認知症が関係あるのか?

 

 

加齢と共に難聴が進むと、周囲からの情報量が絶対的に減少します。

その結果、社会との交流が減少して精神的健康にも影響を与え、認知機能の低下をもたらすといわれています。

 

難聴は、補聴器の正しい装用で対応する事が可能です。

その為には、ご購入前に正確な聴力測定や確認、ご購入後の徹底的なアフターメンテナンスが欠かせません。

SATOは、認定補聴器技能者が在籍している認定補聴器専門店で、

スタッフ全員補聴器のプロフェッショナルだと自負しています。

 

 

そして、難聴でお困りの地域の方々の健康寿命を長くするお手伝いをさせていただくことを使命だと考えています!!