九州保健福祉大学にて講義を行いました

先日、3週にわたり九州保健福祉大学にて、言語聴覚士を目指す学生さんを相手に、補聴器に関する講義を行ってまいりました。

3年生21名、2年生10名の総勢31名の学生さんでした。

昨年度から準備を行い、本来ならば4月から講義を行う予定だったのですが、新型コロナウイルス感染防止による自粛やリモート授業の関係で延び延びとなり、6月に入ってようやく講義が始まりました。

国家資格を目指す学生さん達に、最新の補聴器に関する知識や理論、販売現場のオペレーション、実際に補聴器に触れたり、耳型採取の実習等、多岐にわたり真剣に講義させていただきました。

学生さん達は非常に授業を受けて下さり、実習にも率先して真剣に取り組んで下さいました。

いかに正しい情報を興味を持って聞いていただくか、また、古い情報や曖昧な知識を教えるわけにはいきませんから、私たちも真剣に、しっかり準備をして臨みました。

大変でしたが自分自身も普段何気なく行っている補聴器に関する業務の振り返りであったり、新たな気付きもあったりと、とても為になりました。

今回受講してくれた学生さんたちが、将来患者様の悩みや不安に寄り添えるような立派な言語聴覚士になってくれることを願います!!

ウインクチェーンの例会に行ってきました

先日は所属するメガネ・補聴器のボランタリーチェーンである、ウインクチェーンの九州支部例会に参加してきました。

例会では、毎回テーマをもって、自店にいるだけでは出来ない情報を学ぶことができます。

今回は「10年後を見据えた計画」というテーマでした。

毎年の行動計画は作成するのですが、こういう長期的視点も必要ですね。「鳥の目、虫の目、魚の目」とか言ったりしますね。

10年後の延岡市はどうなっているでしょう?宮崎県北は?西臼杵郡は?高千穂町は?

超高齢化社会もほぼ確実にやってくるでしょう?眼鏡(メガネ)業界はどうなっているでしょうか?補聴器業界は?

色々なデータや事例を含め、色々考えさせられる内容でした。

すくなくとも、10年後も、地域に愛される、必要とされるお店であり続けたいと思いました。

その為にも、もちろん知るだけではなく実践、活かして行く事が大事ですから、早速持ち帰ってサトーでも対応していきます!

 

また、後半は同じ悩みを持つ各地の眼鏡店さん達との事例報告とディスカッションです。

こちらでも多くの学びと気付きを得ることが出来ました。

 

これからも延岡市、西臼杵郡のメガネと補聴器は、SATOメガネ補聴器センターにお任せください!!

延岡補聴器センター移転オープン

延岡市北町(市役所北並び)にて営業させて頂いておりました

メガネのサトーグループの一つである「延岡補聴器センター」ですが、

本日無事、中央通り交差点に、移転リニュアルオープンさせて頂きました。

担当は引き続き、弊社認定補聴器技能者の一人、高山と、

この度新しく仲間となった、佐藤千津子を加えた二人体制で、

新しくなった設備と広くなった店舗で、これまで以上のサービスをお約束いたします。

これからも延岡唯一の補聴器専門店として、地域の皆様の「聴こえ」のお悩みを解決していきます!